トイレ、おもらしのしつけ方

トイレ、おもらしのしつけ方

一人暮らしで犬を飼う場合、室内犬を飼う場合がほとんどだと思います。


室内犬を飼う場合真っ先に考えるのが
トイレのしつけではないでしょうか。

トイレのしつけのポイントは、


トイレの場所を愛犬に覚えさせることです。
・犬は、排泄がしたくなるとソワソワし動き出すので、
その時トイレの場所まで連れて行く、上手にできたら即ほめてあげる。

・もしトイレの場所以外で排泄してしまったら
 その場ですぐ叱ることが大切です。
 時間をおいて叱っても効果はありません。
 愛犬にとっては何故叱られているのかわからないからです。

トイレの場所は一度決めたら固定すること。
・トイレの場所は、いつも清潔にしてあげましょう。

又トイレ以外にも犬のおもらしもしっかり躾をしてあげたいものです。

犬のおもらしは、
興奮したり、緊張したり、喜んだりしたときに膀胱のコントロールができなくなり、
おもらしをしてしまうそうです。

犬のおもらしはどのようなときにするのかをしっかりと把握していれば、
飼い主が帰ってきたときうれしさのあまりおもらしをするのを防ぐことができるでしょう。

飼い主が帰ってきて犬が喜び興奮しているときすぐ抱き上げるのではなく、
一度落ち着かせてから抱き上げるようにすれば、このお漏らしは防げます。

また、愛犬がおもらしをしたからと言ってすぐ叱ってはいけません。
オシッコをすることがいけないことだと思わせてもいけません。

おもらしをして叱られると
ストレスでよけいにおもらしをする場合があるからです。

おもらしは、仔犬の時が殆どで、
成長すれば膀胱のコントロールもできおもらしもしなくなるからです。

ただ成犬になってもおもらしが続くようだと、一度動物病院で診てもらいましょう。
何らかの病気の可能性がある場合があるからです。

愛犬のトイレ・おもらしの躾にはあまり神経質にならず長い目で行ってあげましょう。


トイレのしつけで困ったら
  ★テレビでお馴染み遠藤和博の犬のしつけ講座をご覧ください。

pet関連サイト